忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
薬や健康、医療についてパッと見がクマそっくりな薬剤師の視点で情報発信。用法用量を守って正しくお使いください。
[115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105
クリックで救える命がある。

ブログ管理人:クマ。
薬剤師を生業としているので、薬や健康の事に関して分かりやすく説明できる珍しいクマです。
アンケート調査
チェックしたら各項目ごとに投票ボタンを押してください。
ご協力ありがとうございました。
★ランキング参加中★
 クマのブログが
 役に立ちましたらば
 どれでもいいので
 クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へビジネスブログランキング
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/01 薬剤師ブログタイムズ]
[11/18 うーn]
[11/18 うーん]
[03/11 猪苓湯とフリバス服用中の者]
[12/05 前立腺炎です]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今回は四糖類です。
四糖類には以下のものがあります。

・アカルボース
・スタキオース


アカルボースは、そう、薬剤師の皆さんはおなじみのあの薬の主成分です。
食直前に服用するグルコバイですね。食後過血糖改善薬です。

つまりこのアカルボースはでんぷんなどの炭水化物が小腸内で分解されて
ブドウ糖になるのを邪魔してる訳です。そうする事でブドウ糖の産生が減り、
血中にブドウ糖が入って行く量を減らして血糖値を下げるんです。

スタキオースは2つのガラクトースとフルクトースとグルコースが結合しています。
大豆に含まれ、ビフィズス菌、納豆菌に働きかけて、増殖させます。
甘さはスクロースの3割、カロリーは4割程度だそうです。


さて、次回からはいよいよ多糖類についてです。
多糖類は種類が多いので、ひとつずつ見て行きます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


<< ためになる糖類の話ー第10回ーHOMEためになる糖類の話ー第8回ー >>
携帯検索無料出会い