忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
薬や健康、医療についてパッと見がクマそっくりな薬剤師の視点で情報発信。用法用量を守って正しくお使いください。
[114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104
クリックで救える命がある。

ブログ管理人:クマ。
薬剤師を生業としているので、薬や健康の事に関して分かりやすく説明できる珍しいクマです。
アンケート調査
チェックしたら各項目ごとに投票ボタンを押してください。
ご協力ありがとうございました。
★ランキング参加中★
 クマのブログが
 役に立ちましたらば
 どれでもいいので
 クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へビジネスブログランキング
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/01 薬剤師ブログタイムズ]
[11/18 うーn]
[11/18 うーん]
[03/11 猪苓湯とフリバス服用中の者]
[12/05 前立腺炎です]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今回は三糖類についてです。

単糖が3個以上結合したものをオリゴ糖といいますが、
このオリゴ糖の定義は曖昧な事が多く、
実質的には単糖の結合が3個以上から20個程度のものまでを
オリゴ糖という慣習があります。

三糖類には以下のようなものがあります。

・ラフィノース
・メレジトース
・マルトトリオース


ラフィノースはフルクトース、ガラクトース、グルコース分子が
1つずつ結合した構造をしています。

キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなどの植物に広く含まれていて、
甘味はスクロースの約20%、カロリーは約半分で、
大腸まで届いてビフィズス菌を増殖させます。
いうなれば、ビフィズス菌の栄養源といえます。
当然、このビフィズス菌によって分解され、残ったものは人間が吸収します。

メレジトースは樹液を食する昆虫によって作られます。
また、アリの誘引物質である糖蜜の原料でもあります。

マルトトリオースは3個のグルコースが結合しています。
アミラーゼによる分解で、デンプンやアミロースの分解から作られます。


次回は四糖類についてです。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


<< ためになる糖類の話ー第9回ーHOMEためになる糖類の話ー第7回ー >>
携帯検索無料出会い