忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
薬や健康、医療についてパッと見がクマそっくりな薬剤師の視点で情報発信。用法用量を守って正しくお使いください。
[32]  [29]  [33]  [28]  [31]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22
クリックで救える命がある。

ブログ管理人:クマ。
薬剤師を生業としているので、薬や健康の事に関して分かりやすく説明できる珍しいクマです。
アンケート調査
チェックしたら各項目ごとに投票ボタンを押してください。
ご協力ありがとうございました。
★ランキング参加中★
 クマのブログが
 役に立ちましたらば
 どれでもいいので
 クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へビジネスブログランキング
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[05/01 薬剤師ブログタイムズ]
[11/18 うーn]
[11/18 うーん]
[03/11 猪苓湯とフリバス服用中の者]
[12/05 前立腺炎です]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



さて、今回は、メタンフェタミンの兄弟分である
アンフェタミンについて紹介します。

構造式は以下。


これも相当簡単な構造式です。
このアンフェタミンは前回紹介したメタンフェタミンよりも厄介な代物です。

何が厄介かと言いますと、

薬物耐性と依存症の形成が早い

のが特徴です。あくまでもメタンフェタミンと比べて。ですが。
まあ、どちらも覚せい剤取締法で規制されている医薬品です。

臨床現場で使われる医薬品は主に、このアンフェタミンです。
治療目的としては、

ADHD:注意欠陥・多動性障害
ナルコレプシー:急激に眠気が来て落ちてしまう


といった物に使われます。


このアンフェタミンは様々な医薬品や非合法ドラッグの
基本構造となっています。詳しい事は後述します。
一般的に裏社会で流通しているのはこのアンフェタミンです。


さて、次回はエフェドリンについて紹介します。


この記事は役に立ちましたか? 「はい」という方はクリックをお願いします。
↓どちらでも構いません。
人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


<< こんな事もあろうかと!HOME非合法ドラッグ講座ー第1回ー >>
携帯検索無料出会い