忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
薬や健康、医療についてパッと見がクマそっくりな薬剤師の視点で情報発信。用法用量を守って正しくお使いください。
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
クリックで救える命がある。

ブログ管理人:クマ。
薬剤師を生業としているので、薬や健康の事に関して分かりやすく説明できる珍しいクマです。
アンケート調査
チェックしたら各項目ごとに投票ボタンを押してください。
ご協力ありがとうございました。
★ランキング参加中★
 クマのブログが
 役に立ちましたらば
 どれでもいいので
 クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へビジネスブログランキング
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[05/01 薬剤師ブログタイムズ]
[11/18 うーn]
[11/18 うーん]
[03/11 猪苓湯とフリバス服用中の者]
[12/05 前立腺炎です]


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先日、うちの薬局に来られた患者さんからの質問です。

レントゲンを撮りすぎたらよくないの?」というものでした。

今回はこの件について調べてみましたので、
解説して行きたいと思います。


放射線の量を示す単位としては、mSV(ミリシーベルト)というものを使います。

一般的に、人体に影響がでる放射線被爆の量は、200mSVと言われています。
原子力発電所などの事故で、致命的な障害を起こしたような被曝量としては、
数千から1万mSVのケースが報告されているそうです。

では、病院での検査はというと・・・

胸のレントゲン撮影では、0.05mSV。
胃のバリウム検査では、2.0mSV。
頭部のCTでは0.5mSV、
胸部のCTでも7.0mSV


といったところです。

また、当然なのですが、自然界からも放射線を浴びているのですが、
その平均が年間2.4mSVだそうです。

このように、レントゲンやCTなどの検査で被爆する線量は、
健康に影響を及ぼす可能性の線量と比較すると極めて小さいと言えます。

でも、確かにむやみやたらにX線検査を受けるべきではありません。
これは、クマが薬学部の学生時代、放射線化学で先生から習った事なのですが、

先生曰く、

「放射線というものは、正直まだ不明な点が多い。しかし、ラドン温泉治療とか言うように、ごく微弱な放射線を浴びる事は健康に良いかも知れないという研究も何十年も前から行われています。とにかくよく分かっていないのです。私達が放射線を必要以上に浴びないように制限しているのは、つまり、"よくわからない物は取り敢えず必要以上に浴びない方が良い”という方針だからです。」

だそうです。

放射化学は個人的に好きな教科でしたので、
この時のお話は今でもしっかり覚えています。


というわけで、皆さん、

レントゲン検査は安全です」という事がお分かり頂けたでしょうか。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


<< 石油ストーブ vs エアコンHOME薬局実務実習 >>
携帯検索無料出会い